脱毛で気を付けるべきこととは

絶対に肌を日に焼かないこと

脱毛をする際に気をつけておくべきことはいくつかありますが、一体どのようなものなのでしょうか。
まずは、肌を絶対に日に焼かないということです。脱毛の機械というのは、黒い色に反応して毛根を根絶していきますので、日に焼けた肌やホクロやアザなどには光やレーザーを照射しない決まりになっているのです。日に焼けた肌のまま光やレーザーを照射してしまいますと、肌トラブルを引き寄せてしまう恐れがありますので、絶対に気をつけなくてはいけないのです。場合によっては、当日に脱毛施術を受けられない場合がありますので、スタッフさんと相談するようにしましょう。ただ、最近では日焼けした肌でも照射OKという脱毛機器も出てきています。

生理中には脱毛出来ません

脱毛をする際に気をつけるべきことの二つ目として、生理中の脱毛施術は避けるということです。
理由は二つありまして、まずはデリケートゾーン近辺の施術をする際に、ベッドやガウンが血で汚れてしまいますので、失礼にあたってしまうということです。自分自身も恥ずかしい状態になってしまいます。脱毛エステや医療機関では、施術前にスタッフが確認してくれることでしょう。
続いて、脱毛施術をするというのは身体に負担をかけている状態になりますので、免疫力が極端に下がっている生理中は避けた方が良いということです。もともと肌が強い人であっても、ホルモンバランスが乱れている生理中には、肌トラブルを引き寄せてしまいかねないのです。

新宿で脱毛に挑戦をするにあたり、優秀なエステティシャンや美容外科医にサポートを受けながら、各自のペースで施術を受けることがコツです。

© Copyright Cosmetic Skin Solutions. All Rights Reserved.